切り紙

昨日、注文していた本が届いたので、切り紙を作ってみました。以前、文様の切り紙細工の本を買ったことがあるのですが、よほど器用な人はともかく、カッターを使わないとできないなぁ、という部分があり、手軽さという面ではイマイチ・・・と思っていたので、今回は「折り方が簡単なこと、はさみだけで簡単に作れること」を条件としました。
「やさしい切り紙」という本ですが、本当に簡単に作れるのに、とても綺麗な切り紙ができるのです。特に、この本では、各国のイメージを素にした切り紙を数種類ずつ紹介してあり、「中国」「アメリカ」など、本当にイメージぴったりで楽しい作品ができあがります。そうそう、前回の本だと、型紙をコピーして紙に写す、あるいは重ねて切る、というのが前提になっていたことも、「面倒だなぁ」と思う要因でしたが、この本は、見ながらなんとなく自分の寸法で切っていっても味のある作品になり、いいですよ!
ただ、私がこの本を購入する際に参考にした書評の中には、「表紙に載っているにも関わらず作り方が紹介されていないデザインがある」ことを指摘し、マイナス要因としたものがありました。私は、あまりそういう点は気にならなかったので、購入しました。しかも、慣れればそのデザインも自分で工夫して作れるが、と書かれていました。
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
やさしい切り紙―折って、切って、開いてつくる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック