にじいろのさかな

息子の幼稚園では、毎週1冊ずつ、絵本を貸し出してくれます。絵本の蔵書が多い、というのが特徴の幼稚園ならでは、ですね。
今週息子が借りてきたのは、「こわくないよ にじいろのさかな」です。実は、息子を妊娠していた時、私は「胎教」というほどのことはしませんでしたが、好きなCDや絵本を我慢せず欲しいと思ったら買う、ということをしていました。そのときに買った絵本のうちの1冊が「にじいろのさかな」で、シリーズ第1作なのですね。
きらきらのうろこを1枚ずつ友達の魚にあげてしまった「にじうお」は、一番美しい魚ではなくなったけれど、幸せな魚になりました・・・という、教訓はあるけれど押し付けがましくなく、とても暖かい気持ちになれる絵本です。
にじいろのさかな 世界の絵本
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yueliang
2008年02月21日 23:37
初めまして。
我が家でも「にじいろのさかな」を買いました。
『与えることで、分け合うことで幸せになれる。』
心が温かくなる素敵なお話ですよね。
ゆうゆう623
2008年02月22日 19:43
yueliangさん、コメントありがとうございます。最初は絵が綺麗なのにひかれて「どういう話だったっけ?」と手に取ったのですが、読んでみて本当によかったと思いました。

この記事へのトラックバック