紅一点論

最近、斎藤美奈子さんの評論を読んでいます。最初に読み始めたのは、「妊娠小説」でした。これは評論ですので、どんな内容かというと、「主人公あるいはその恋人の妊娠によりその後の物語の展開が大きく変化する小説」を妊娠小説と呼び、元祖妊娠小説は森鷗外の「舞姫」であるとしています。現代の作家だと、渡辺淳一が大量の妊娠小説を産み出している・・・というと、イメージしやすいかと思います。
なかなか面白いのですが、続けて読むのはきつく、最近は色々なものに触発されて吐き気が出るので、危険と思い、中断していました。
そこで引っ張り出してきたのは「紅一点論」・・・ヒーロー物の女性隊員や、女の子向けアニメのヒロイン像などを分析しています。こちらのほうが単純に面白がって読むことができそうです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
紅一点論―アニメ・特撮・伝記のヒロイン像 (ちくま文庫)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック