チーム・バチスタの栄光

話題になったのに夫が買わないので、何かあるのかと思いきや「医者が書いた本はあまり好きじゃない」とのこと・・・自分で購入し、一気に読んでしまいました。私は、読んでいて気になるところはなくて、「医者が書いた本」という雰囲気もないと思いました。どういうのが医者っぽいかと聞かれると困るのですが、オタクっぽいというか、回りくどいけど文章自体は綺麗じゃない、とか??そういう意味では小説家の書いた小説と並んで遜色ない文章と思いましたし、作者は現役の勤務医ということで、現場から離れた人の書くような古めかしい場面もなくて、今の大学病院の実情とそんなに違和感がありません。
私は最後の解決のあたりを読んでいて、途中で「そうか!」と真相がわかり、とても納得した部分があったので、夫に読む気がないなら話してしまおうと思ったのですが、「そんなに面白かったなら読むからネタばらししないで」と釘をさされてしまいました。でも、この真相は、医療従事者以外には絶対に見抜けないので、推理ものとしては減点です。人間ドラマとして読むべきでしょう。

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)
チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック