「流星の絆」

連休中は、ほとんど夫が息子を遊びに連れ出し、私は家で寝ていました。横になっているのがかえって苦しいときもあり、睡眠時間は実は少なめですが・・・。
とにかく本を読みました。寝転がってなので敬遠していたハードカバーまで・・・仕方ないです、東野圭吾作品は新刊で買ってしまう習慣ですから。ただ、ハードカバーなので、買ってからすぐに読まず、今になったわけですが。
エンターテイメント性の高い、読み応えのある小説だと思います。なんとなく、「夜明けの街で」と話の持っていきかたが似てるかな、とも思いましたが。意外な結末、どんでん返し、という意味なだけで、似ているというほどでもないのかもしれません。
今日の夕食は外食でしたが、ついハヤシライスを頼んでしまいました。「流星の絆」のストーリーをばらすわけではないのでいいでしょうか、影響されて、食べてしまったのです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
流星の絆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

azuki
2008年05月06日 21:35
東野圭吾さん、面白いですよね~~。私は文庫にならないと買わないのですが。丁度昨日、図書館で「ある閉ざされた雪の山荘で」を借りて読みました。本に出てくる『ヴァン・ダインの「グリーン家殺人事件」』を読んだことが無かったので、読んでみようと思っています。
ゆうゆう623
2008年05月08日 02:22
懐かしいです。「ある閉ざされた雪の山荘で」は、私も借りて読んだだけで、数年前のことになりますので、また探してみようかな・・・。

この記事へのトラックバック

  • 「流星の絆」仕掛けた復讐計画の顛末は・・・。

    Excerpt: 「流星の絆」★★★期待しすぎました 東野圭吾著、1,700円、講談社 ハードカバーを鞄に入れ、 地下鉄の中、ドトールや モスの店内で読んだ。 名作「容疑者Xの献身」から .. Weblog: soramove racked: 2008-05-22 22:27