LUPICIAの紅茶

先週は日曜まで仕事だったので、久々のお休みです。たまにはゆっくりと紅茶でも淹れて・・・と思い、自宅の紅茶をひととおり点検。今は、葉で淹れるならトワイニングの「プリンス・オブ・ウェールズ(黒いパッケージです)」か、ほとんど「LUPICIA」で買ったものです。ルイボス・ナチュラルやイングリッシュキャラメル、ラムレーズンあたりが常に手に入るので我が家の定番で、あとはフレーバーティーの変り種を気分で試す、という感じです。ノンカフェインのシリーズもあって、ルイボスのフレーバーティーなんかもあります。あとは、グレナダというフルーティーな紅茶がお気に入りです。そして・・・ほとんど存在を忘れていたのですが、シャンパーニュロゼという素敵な紅茶がありました。その名の通り、シャンパンやバラの香りを彷彿とさせる上品で華やかな香りで、銀と赤のアラザンが入って見た目にも綺麗です。そして、私の譲れないポイントである、「どんな香りであろうと、何が混ざっていようと、味は紅茶としておいしいこと」をしっかり満たしています。残念ながら、何かの時の限定品だったと記憶していますので、いつも手に入るものではないのだと思います。にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

この記事へのコメント

azuki
2008年06月29日 22:56
本日のタイトルを見て、偶然!と思いました。
丁度今日、いただきもののLUPICIAの「WEDDING」という紅茶の封を切って飲みました。華やかな香りで、紅茶の味もよくて美味しかったです♪
ゆうゆう623
2008年07月03日 22:20
本当に偶然ですが、なんだか嬉しいですね。家にあるものがなくなったらまた新たなお茶を開拓してみたいと思います。中国茶や緑茶はほとんど購入したことがなかったのですが、そのあたりでも・・・。

この記事へのトラックバック