旅行のお供

今回は、何となく本選びがうまくいかなかったようです。
飛行機内では、自分も息子も楽しめるようにと思い、絵のかわいい池田あきこさんの本を選びました。息子が思いのほか気に入ってしまい、全部読んであげなくてはならなかったのが誤算でしたが・・・。
ホテルでは、疲れたりしてあまりたくさんは本を読めませんでした。いちおう勉強の本も持っていったし・・・夫と息子が「美ら海水族館」に行っている間は勉強してました。私は、最初は一緒に行くつもりだったのですが、午前中から張りが気になり、無理して行っても仕方ないのでホテルで待っていました。過去に2回行っていますし。
読めた本としては、シェイクスピアの「テンペスト」と、東野圭吾さんの「悪意」です。「テンペスト」は、ベートーヴェンの有名なピアノソナタが大好きなのに読んだことがなく、別の小説で、登場人物が「テンペスト」のお芝居を楽しみ
にしている、というエピソードがあったりして以前から気になっていました。自宅の文学全集にも入っていないし、シェイクスピアをわざわざ日本語で買うのか、というのもあったりして(英語で読みたいってわけでもありませんが)今まで手を出していませんでしたが、戯曲なので読み進むのも早く、良かったです。
「悪意」のほうは、安全パイというか、これは外さないだろう、という目論見で持っていきました。加賀刑事シリーズは人間模様が複雑ですが、好きです。後味はあまり良くない作品ですが、東野圭吾小説であれば許されるでしょう。にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
ダヤンのミステリークッキング (中公文庫)
中央公論新社
池田 あきこ

ユーザレビュー:
奇妙ですてきな、料理 ...
お料理に興味を持ち始 ...
3倍お得な本!かわい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック