韓国ドラマ

せっかく体調が安定してきたので、本来の産休開始日までは、調子にのらず安静を続けようと思います。
産休が始まったら、家の大掛かりな片付けをしようと思っていて、そのときに、以前みた韓国ドラマをもう一度見ながら・・・と思っています。
見られるのは、「冬のソナタ」と「ホテリアー」と「チャングムの誓い」です。
いずれも、周囲の人が見ていて勧められただけで、自分はそういうのにはハマらないだろう、と思って見始めたにも関わらず、まんまと虜になってしまいました。
やっぱり最初は「冬ソナ」から見直そうと思うのですが、このドラマで思い出すのは、「君の名は」です。昔は銭湯が空になったと言われるほど誰もがテレビの前にかじりついていたというのに、リメイクしたらあまり流行らなかったんですよね。それは、これだけ通信手段の発達した現代の人が見ると、そこまですれ違う、という設定がバカバカしく感じられたからだと思います。昔の「君の名は」を見た人が懐かしがって見たのと、鈴木京香さんなど、出演している役者さんを気に入った人しか見なかったのではないでしょうか。ちなみに私は、鈴木京香さんが地元出身なので、見ました。
韓国のドラマは、日本人からみると、やや時代が古いような感じもするのですが、外国である、というので習慣の違いもあるだろうし・・・というところがちょうどよく作用し、日本だったら引くかもしれないような大げさな設定でも受け入れられやすいのだと思います。自分でも恥ずかしいくらいハマりました。
産休中などの、あまり頭を疲れさせないほうがよい時期のお供としては、絶好と思います。にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目出産へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック