衣類の発掘

昨日は、週末夫に高いところからおろしてもらった新生児衣料を点検しました。張り切って動きすぎるのは禁物なので、とりあえず汚れのひどいものと、これ以上キレイにならなくても許容範囲のものを分け、今のままでも使えそうなものだけ洗濯しました。週末に購入した、「色柄モノも安心の酵素系漂白剤」を使用し、とにかく洗ってみました。洗濯槽に通常の洗剤と混ぜて使用する、という方法で、汚れがひどい場合にはつけ置きになるようです。
今回洗ったものは、このままでも耐えられる、という状態の服ばかりなのですが、ミルク染みが少し薄くなったかな、くらいで、あまり変化なかったと思います。
上の息子の時は、すぐに夏になったので、重ね着をあまりしなかったことと、身長の大きい子だったのであまり小さいサイズを長く着なかったためか、肌着が結構きれいなまま残っていました。
2ウェイオールは、季節とサイズの関係で、きれいなものと傷みのひどいものとに分かれました。汚れのひどいものは、ほとんどが小さいサイズの夏物なので、今度の子は着る機会がないだろうなぁ、と思うと、つけおきなどの手間をかけてきれいにするかどうか、迷うところです(しかも効果がどれだけあるかわからないのに)。それこそ体調しだい、ということで決めようかと思います。
洗濯するだけ、とはいえ、枚数がそれなりなのと、新生児の肌着にはヒモがたくさんついていますので、ヒモのよれを直して全部干すのには時間がかかり、おなかは張りました。
今日は乾いたものをたたむくらいで、あまり新しい作業をしないようにしようと思います。にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目出産へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック