下がった感じ

36週の検診では、内診で「頭はすぐここまできてます」と言われましたが、その前と比べて、自分でも「下がったのかも」と思っていた部分と、「下がったとは思えない」部分とがありました。
一般的に、臨月になって赤ちゃんが下がってくると現れるといわれている項目について書いてみます。
①そけい部痛・・・ひどくなってきていましたので、言われる前から「下がってきたのかな」と思っていました。
②頻尿・・・出現していましたので、「下がってきたかな」と思っていました。
③胃もたれ、息苦しさ、食欲・・・とてもひどかったので、赤ちゃんが下がっているといわれても、「全然よくならないじゃん」と思っていました。しいて言えば、以前はどんなに食べる量に注意してももたれてひどかったのに、最近は量が少なければ楽な時もある、くらいでした。食欲も全然なくて、次の食事の時間になっても「食べられるかな」と思っていました。
④胎動・・・36週の検診で、「ten count time」や「入院のタイミング」について指導を受けたときに注意されたのですが、「臨月になったら胎動が少なくなる、と雑誌などに書いてあることがありますが、お産の時まで動かなくなることはありませんので、胎動がなくなったと思ったら連絡してくださいね」と言われました。羊水量がピークを過ぎ、赤ちゃんが動きづらくなる、というのは確かなようですが、「胎動が少ない」と自覚するほどではないそうです。たしかに、上の子のときもお産の直前までよく動いていましたし、今もよく動いています。
⑤おなかの形・・・赤ちゃんが下がってくるので、ピークの位置が下になるようです。自分では、まだ高い位置に突き出ていると思いました。
前回の検診時は③④⑤には変化がなかったわけですが、昨日あたりから、胃もたれが楽になって食欲が出てきました。また、胎動じたいは活発なのですが、蹴られる位置が心持ち下になってきたようです。以前は「なんでこんなところまで届くの!?」と思うほど上のほうや脇のほうを蹴られていましたが、今は臍より上は蹴られません。おなかの形は、変化したかどうかわかりません。他人のを見ても「下がってる」とか、よくわからないので。
今日は37週1日なのですが、張り止めは、今日の未明の分まであって、なくなるまでは飲みきることにしていたので、まだ薬なしで張りがどうなるかわかりません。最後の1個はまだ効いているはずなので、日中どうなるか・・・経産婦は15分おきの陣痛で入院、ということになっているのですが、私は家と病院が遠いので、20分をきったら向かう、ということにしています。でも、20分おきの陣痛で入院の判断をするのは難しいですよね。1時間に3回しか陣痛がこないわけですから。上の子のときには「おしるし」もあってわかりやすかったのですが、今のところそれらしいものは見られていません。にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目出産へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック