前駆陣痛!?

日付が変わり、37週3日、本来の検診日ですが・・・夕方くらいから、「なんか結構痛い?」と思う時があり、午前中に結構動いたので、そのせいか、くらいに思っていたのですが、動きすぎて痛い時と違い、間欠時にはすっかり治まってしまいます。痛みの性質としては本物の陣痛っぽいです。19時くらいから、真面目に間隔を測り始めたのですが、なんとなく20分よりは短いです。が、規則的かというと全然バラバラ・・・でも20分より長いことはほとんどないので、入院の準備したほうがいいのかなぁ、などと思っていました。夫が21時くらいに帰宅し、息子をお風呂に入れてくれる間も、何となく15~20分おきくらいで、痛みもひどい時と軽い張りだけの時とがあって、いまひとつ病院に行く決心がつきません。
息子を寝かしつけ、私は洗面台で髪だけ洗って、一応寝ようかと試みたのですが、結構気になって眠れません。一度、すっかり横になってしばらくしてから25分以上あいたので、夫のところに「今日は大丈夫かと思う」と言いに行ったのですが、その時にトイレに行ったり少し動いただけで、また間隔は短くなり、しかも寝ているとつらいくらいの痛み・・・なんだか10分くらいしかあかないような感じだし、一度病院に行こうかと思います。遠いので「もし違ったら」と思うととても迷うのですが、陣痛だけじゃなくて、開き具合とか、他の所見もわかったら参考になると思うので。
相変わらず合間には赤ちゃんは活発に動いているし、「本当にお産になるのか」というとあまりピンとこないのですが・・・。

病院では、やはり10分おきくらいに収縮は記録されるのですが、強さにムラがあり、すべて有効な陣痛とはいえないような状況でした。また、子宮口が指1本くらいで先週の検診の時と変わりないので、すぐお産になりそうな感じではないと言われました。ただ、家が若干遠いのと、もともと検診の日だったので、朝までの間に進むかどうか経過観察の入院になりました。明け方になり、ずっと横になっていたら25分などと間隔が延び、しかも2時間くらい眠れましたので、陣痛は進まず遠のいたようです。朝のモニターでも収縮じたいは10分間隔ですが、全部「痛い」とは言えない軽い張りのみでした。
検診は、退院の判断をするということもあり、もともとは助産師外来の日だったのですが、医師診察に回してもらいました。気になる推定体重は2700g台で、胎盤の所見も37週としてはそれほどおかしくない程度の石灰化ということで、入れておくもよし、出るもよし、ということで、心配が減りました。
前駆陣痛というのは、夕方から夜にかけて出る人がほとんどだそうですので、また悩むことがあるかもしれませんが、はっきり「何分おきに痛い」と言えない感じの痛みはやはりあやしいのだろうと思います。また、子宮口は開いていないこともわかりましたので、次回の参考になるかと思います。そして、私の通っている病院では陣痛関連の受診は連絡なしに行って良いことになっており、夜間でも敷居が低いので助かります。にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目出産へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック