妊婦検診(36週2日)

まずは、頭位のままかどうかが一番の懸念ですが・・・大丈夫でした!「だいぶ嵌まってるみたいだし、本来あるべき姿勢になったのだから、もう動かないでしょう」と言われました。ずっと骨盤位だったので、2週間分くらい小さいと言われてきたのですが、今日の推定体重は2300g台の後半で、普通の大きさでした。
ただ、既に胎盤の石灰化がみられており、羊水もあまり多くないので、やっぱりお産は近いかな、という感じだそうです。とにかくあと5日間は薬を飲んでおとなしくするように、と指導されました。体重が2500g未満ですと低出生体重児ですので、なるべく育ててから出したいな、というのもありますが、胎盤の機能がピークを過ぎているっぽいので、無理して長く入れておくのがいいとも限らないようです。
羊水があまり多くないため、すごくよく見える、というわけにはいかなかったのですが、性別は、「女」でよさそうです。
今日は、貧血検査と、「B群溶連菌」の培養検査をしました。1ヶ月くらい前にも貧血検査をしましたが、どんどん赤ちゃんが大きくなっていくので、この時期に急に貧血が進む人もいるそうですので、調べておくのはリーズナブルなことなのでしょう。B群溶連菌の検査は、法的には決まりがないので病院の方針で、自費検査であることを承諾する必要があるのですが、全員に勧められているものです。お産の時に産道から赤ちゃんに感染すると、非常に危険な状態になることが多いので、この菌を持っている妊婦から産まれた赤ちゃんには、抗生物質を予防投与するのです。産道感染なので、帝王切開の人は、感染しないはずです。子宮頚管を綿棒でこすって培養に出すので、内診はしない週数なのですが、診察台には上がります。先生が、「気になるだろうから、内診もしておきましょうか」と言って診てくださったのですが、頭はすっかり下がっていました。子宮口はまだほとんど開いていない、とのことです。
色々な所見から出た結論としては、「おとなしくしていれば37週までもたせることは十分可能だろうけど、それを過ぎたら、赤ちゃんが出たくなったら出るに任せるのがいいですね」・・・よくわかりました。にほんブログ村 マタニティーブログ 二人目出産へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年10月10日 09:56
B群溶連菌検査…産道の検査でしょうか(・。・)。あたしは、8ヶ月だけど、まだしてません、。以前、『今度産道の検査しますよ~』って言われたけど、その“今度”が来ないまま、もうすぐ里帰りです。里帰り先ですることになると思うんですが…心配なので、ちゃんと言っておかなきゃと思います☆。
ゆうゆう623
2008年10月10日 21:31
あかつきさん、こんばんは。菌に感染していないかどうかの検査です。義務づけられている検査ではないので、産院の方針しだいだと思います。全員に行う、というやり方だと保険が利かないので、おりものが多いとか、感染症を疑う人にだけ検査するところが多いと思います。感染症の疑いで検査する場合には、保険が利くはずです。

この記事へのトラックバック