最後の調停!?

明日は、第3回の離婚調停です。
親権にこだわるという形で離婚成立を遅らせてきたモラ夫の真意は、はたしてお金なのか否か!?・・・モラ夫に詳しい方なら予想がつくと思いますが。
もし裁判になったら・・・と思うとどんなに面倒で、どれくらいの期間がかかるのか見当もつきませんが、明日で決着がつくとすれば、別居を始めて5ヶ月、3回の調停で終わるのであれば優秀な成績なのではないでしょうか。
決してモラ夫の程度が軽いわけではないと確信してはいるのですが、双方に代理人がついたことや調停委員のあたりが良かったのは幸運だと思います。あと、まだ片付いたわけではないので断言できませんが、私が「離婚してやるから金よこせ」と言われてすんなり出せる経済状況だということは大きいかと思います。
最初に旧友である弁護士さんを訪ねたときに、「相手がお金にがめついのであれば、財産分与を放棄するといって恩を着せたりするのが武器になるかもしれないけど、財産いらないって言える?」と聞かれ、「いらない。あの男とお金の話をしたら余計揉めるから」と即答した私に対し、弁護士さんは「お金で揉めるつもりがないってはっきり言えることは幸運だよ。それができないために離婚できない女性はたくさんいるから」と言いました。
小さい子供を抱えたシングルマザーの就職は、それは厳しいものがあると思います。勤務時間も短いものになるだろうし、子供の病気で休んだりすればすぐクビになるでしょう。また、子供が病気なのに職場に連れて行って同僚に面倒をみてもらいながら仕事をしたり、移動販売の車に乗せてあるいたりするうちに、病気が重症化してしまった、というような事例もあります。母子家庭では生保の基準はやや甘いようですが、車を手放さなければならないというのは、子連れにとってはつらいものがあります。
別に離婚に備えて、などと言うつもりはありませんが、いつ何があるかわからないのが人生ですから、自活の方法があるに越したことはない、と実感しました。にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック