離婚成立

おととい、第3回目の離婚調停がおこなわれました。
前日の記事ではさすがに気持ちが落ち着かず、詳しいことは書けませんでしたが、じつは先方の弁護士から、「旦那さんは、解決金50万円を受け取って、子供2人の親権者を母として離婚に応じるそうです」という連絡をもらっていました。私が自分の代理人弁護士と話をしたのが先週の土曜で、火曜には「応じる」との返事がきましたので、嬉しいとかいうより、「早っ」と唖然としました。結局お金だったか、さすがモラ夫・・・。先方の弁護士事務所が土・日休みだったとしたら月曜に聞いて火曜に返事が来たってことになりますが、まさかね。
そういうわけで、当日は割と気楽に臨むことができたのですが・・・最後までやってくれます。前回の調停では、面接交渉に関する調停に合意しましたが、夫(法的には、既に元・夫ですね!)は「子の夏休みの宿泊を一泊ではなく二泊を認める内容に変えてほしい」と言ってきました。なんで!?と思いましたが、「二泊まで、っていう意味で必ず二泊させる、という意味じゃないから」ということで無理無理納得し、同意しました。そのために今回離婚が成立しなかったら嫌ですし。しかしひどい男です。私がG.W.に祖父母の面接に対して難色を示したときは「調停で決まったこと(決まってないですが)に難癖をつけるなんて法にふれる」と言わんばかりに攻撃してきましたが、自分の申立だったのに、前回かなり強引に成立させたくせに、次の回ですぐに内容を変更するってどういうことなんでしょう。
離婚を申し立てられたのが面白くないから「親権を主張する」などといってゴネ、「親権を譲って離婚してやるから金よこせ」と要求し、典型的なDV夫ですよね。
でも、お金を渡して離婚、というのはなかなかいい結末だと思います。第三者に「夫のほうが変」という印象を与えられるからです。「性格の不一致」では慰謝料は請求できないことになっていますので、相手がゴネたためにお金を払って早期に片をつけたのだ、ということは、ちょっと詳しい人ならすぐわかります。
さっそく職場の上司と、姓の変更や子供の扶養を移す手続きをしてくれる事務系幹部の人に報告しました。上司は、最初に「離婚しようと思っている」という話をしたときには「赤ちゃんが産んだばかりで詰まってるんじゃないの。もう少し考えたら」と言っていましたが、成立した、という話をしたら、「おめでとう、なんだろうね。心配事がなくなってすっきりしたでしょう」とねぎらってくれました。上司は、きょうだいが調停委員をしている、という方なので、3回で終わったと聞いて「早く済んだね」と言いましたが、「お金出すことにしました。今回ダメならもう裁判にしなくちゃならいないか、というところだったんですが、向こうの弁護士さんも困ったようで、負ける裁判はしたくないけど本人は頑固で言うこときかない、ということで・・・私も子供のために早く終わらせたかったので、本来ならこちらが出す筋合いのないお金ですが、そう法外な金額でもないので払います」と早速バラしました。何しろ相手、同じ職場ですから!私の上司はただの科長じゃなく、管理職ですし。なんか、私のほうがプチ・モラ子になった気分です。
事務の人も、本来であれば事務的な話をして終わりにするべきところなのでしょうが、父をダシにして内幕を暴露することにしました。その事務の方が以前、別の仕事をしていたとき、父と接点があったのです。私も子供の頃から知っている人なので、モラハラの理解者になってほしいと思っていましたが、別居を始めたときは私は育児休暇中であり、夫のほうから「妻から追い出されて困ってる」などと聞いて住居を探すのを手伝ったり、もしかして弁護士もそちらのツテで紹介してもらったフシがあるのです。なので、「父が、ぜひとも事情を話しておくように、と言っていましたので」とちょっと騙りをいれさせてもらい、モラハラの話をしました。「あんなにしっかりしたご両親と同居しているのに、なぜこうなったんだろう、と不審には思っていたので、お話きいてわかりました。職場では公のところで出せる話じゃないけど、私はわかりましたから」と言ってもらいました。モラハラの話はしましたが、「DV夫というのは絶対に自分が悪いとは認めないし、今の日本の社会ではモラルハラスメントを理由に相手の非で離婚、という判例がないので、弁護士さんとも相談して、調停の最中には一切この言葉は出さなかった。余計な揉め事を増やして長引くのが嫌だったので、相手にも、私がそう考えていることは一切言わなかった」ということも話しました。
離婚は成立しましたが、私と子供たちの人生はこれからですので、周囲の人たちにも「別れてからのほうが幸せそう」という姿をみせることで、モラ夫に復讐しようと思います。にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

hiromama
2009年06月22日 13:57
はじめまして!ちょこちょこ遊びに来させてもらっていました。
まずは離婚おめでとうございます♪これからも色々大変でしょうが頑張ってくださいね。でもうらやましいです☆

私も離婚調停してたんですが、先日約1年半10回の調停を経て、離婚については調停不成立、婚姻費用については審判に移行という結果に終わりました。
うちも夫がたぶんモラ夫、一昨年の年末に子供2人連れて家出して、別居中です。調停には毎回真面目に出てくるけど話が進まない(話合いにならない)日々でした。

私も正直裁判費用くらいなら渡して別れてくれるならって思いますが、相手は親権をくれとかお金をくれとか何もないんですがただ離婚したくないで頑張ってます。訴訟起こしたら離婚できそうな気もするけど、なるべくなら無駄なお金は使いたくない…けどなるべく早く離婚したい。今はそんな感じで悶々としてます。

初めてのコメントでこんな長々とごめんなさい。またあそびにこさせてくださいね!
ゆうゆう623
2009年06月22日 23:06
hiromamaさん、コメントありがとうございます。私よりずっと長い期間、苦しんでおられることと思います。「離婚したくない」で頑張るモラ夫、本当に大変です。困るのは、本当に離婚したくないし妻も子供も手放したくないんだろうなということです。いじめる相手がいなくちゃつまらないですから・・・そういうのが、調停委員とかには伝わらなくて、「こんなに妻や子供に執着しているのにかわいそう」などと思われてしまうことすらあるようです。本当に、モラ夫には無人島にでも行ってもらいたいものです。きちんと決まらないのはストレスでしょうが、お子さん達と暮らしているhiromamaさんに、幸せが訪れますように!

この記事へのトラックバック