自分を磨く

離婚し、特に相手がモラ夫だった場合には、「自分を確立する」ことがとても重要だと思います。モラ夫のものの考え方に影響され、支配されてきた人は、「常識が通じず、いくらきちんと話しても結果に結びつかない」「何をやっても難癖をつけられる、けなされる」という経験を重ねてきたために、自分の価値観に対して自信がなく、自尊感情をもてずにいることが多いと思うからです。モラ夫との間には「普通の」人間関係が築けないために、話し合いがうまくいかずにヒステリックになったり、パニックになったりしてしまい、他人からの評価が下がってしまった人もいるのではないかと思います。パニック障害と呼ばれる人の中には、モラ夫に作られてしまったものが含まれているのではないかとも思っています。
私が離婚した時、気晴らしも兼ねて、長く続けられる趣味を大切にすることに決めました。子供の頃から大事にしてきたピアノ、子育て等ですっかり遠のいてしまい、また、形に現れない芸術などを嫌うモラ夫の影響もあって、せっかくのグランドピアノが埃をかぶってしまっていました。一番最後に習った先生は、離婚経験者ということもあり、お子さんの家庭教師という形で大人になってからもご縁があったので、「また弾きたいと思ったらいつでもどうぞ」と言ってくださっています。
また、昨年の夏から10数年ぶりに再開した弓道ですが、もとはといえば遠縁の方から勧められ、学生時代に始めたものでした。離婚した時には、子供のことをめぐってこれからも揉め事は絶えないだろうと予想されたため、「心身を鍛えるため」ということで、真っ先に弓道のことを思いつきました。その遠縁の方は、地域の調停委員をしているため、父が何かの折にモラ夫のことを話したりして、「世の中には信じられないような考えの人がいるってことはわかります。大変だろうけど前向きに頑張って」と励ましの言葉をいただきました。今、私が習っている師範とも親しいようです。
12月に離婚の挨拶状を出した際に、「黙ってたけど実はうちもそうなんです」と連絡をくれたお友達のお母さんもいました。
以前に比べれば、離婚した女性に対する世間の目も変わってきて、生きやすくなっているのではないかと思いますし、一刻も早くモラ夫の呪縛から逃れ、自分らしく生きていきたいと思います。にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック