蟹工船

休日は、上の子が剣道に行ったり私の両親と外出したりすることが多いので、そういうときは下の子とのんびり過ごすことができます。下の子はお散歩に行ったりすると疲れるのか、昼寝もしますので、子供が寝ている間にはDVDを観ます。
たいてい韓流なのですが、今回は「蟹工船」を借りてみました。原作は、有名ですが実際に読んだことはありませんでした。実際にTUTAYAの店頭で見て、「西島秀俊が出てる!」というので借りたようなものです。しかも悪役のようでしたが・・・。この作品が今になって人気急上昇、というのは正直「なぜ!?」と思いましたが、就職難や労働環境の悪化の影響があるのでしょう。
作品じたいは、面白かったです。重いテーマですがところどころユーモラスな場面があったりして。西島秀俊の役は本当に悪い奴でしたが・・・でも、なんとなく哀愁ただよう感じがして味がありました。西島秀俊さんは、そんなにファンとかではないですが、最初に見たのは「悪魔のKiss」に出ていたときで、第一印象は「ハンサム!」と思いました。それで、他にも出ている作品をいくつか見かけるたびに気になっていました。ハンサムなのに単純な二枚目役はなくて、ちょっと悪い人とか翳のある役柄が多いのかな、と思いましたし、実際そういう役の合う俳優さんだと思います。
労働者達が立ち上がる場面は、かっこよかったです。なんだか新撰組みたいだな、と思いながら見ました。でも、時代設定上、というか原作が小林多喜二である以上、労働者の決起はうまくいかない結末だよなぁ、と予想していて、やはり中心人物は死んでしまうので、爽快感のようなものは感じられない作品です。観るほうにも心構えというか、精神状態によってはやめておいたほうがいい作品だと思いました。にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック