4月7日の地震前に・・・

3月11日の震災後、色々な方の厚意を受けました。
以前勤務していたからと顔を出した近所の病院では、水を汲ませてもらい、携帯を充電させてくれ、炊き出しのラーメンまでご馳走になりました。
買出しに並んだときには、お店のすぐご近所という方から、「うちは2人暮らしなのに懐中電灯が3個もあるから」と、1個分の電池を抜いてわけていただいたり、点数制限のある商品を、ご自分では必要ないのに購入して、「うちはもう電気が復旧したから、調理できるので」とカセットコンロのボンベや子供向けのお菓子などを譲っていただいたりしました。
近所の温泉に入ったときも、整理券はゲットできたものの洗い場で並ぶことになるので、2歳児をだっこして並んでいたら順番を譲って下さった方もいました。
毎日近所を歩いて回って、どこのお店が開いているか、何が置いてあるか、教えてくださった方もいました。
ガスがなかなか復旧しない中、ご近所のオール電化のご家庭から「お風呂どうぞ」と誘っていただきました。
材料や燃料が限られた中、早くからパンを焼いて販売してくださったお店がありました。
子供を連れて歩いていると、「これ食べない?」と色々な物を分けていただいたことなど数え切れません。
そうこうするうちに、ガソリンも手に入りやすくなり、お店にもあまり並ばず必要なものが買えるようになっていました。
4月7日、職場で相談した「買出し休暇」の日でした。地下鉄最寄駅が大破してしまい、代替の無料バスなどもものすごい行列でいつ乗れるかわからず、通勤には実用的ではありませんでしたが、休暇中なので、あまり時間を気にすることはありませんので、街中に出てみました。そういう気持ちになったってことは、だいぶ気持ちが上向きになってきたんだなぁ、とか、自分ではいつも前向きなつもりだったけど、実はちょっとウツっぽかったのかなとか、思っていました。
街中の主要な通りをずーっと歩き、気になったお店に入る、ということをしてみました。閉まっているお店も多いですが、頑張って開けている店、店頭で限られた商品を精一杯販売しているお店、その活気にはかなり元気づけられました。結局、買ったものといえば、震災後ということには関係のないデパ地下のお菓子と、春物のストールでしたが。でも、ストールは、もともとは使ったことのないアイテムでしたが、節電のため屋内でもマフラーをしていたので、そろそろ暖かくなったから・・・と購入したものですので、震災の影響がなければ買うことはなかったかもしれません。
それと・・・実は3月11日、弓道の仲間の方が陶芸の個展をひらくので、仕事を早めに終わらせて見に行く予定でした。ギャラリーのオーナーも、面識はありませんでしたが弓道関係者です。陶芸ですので、地震でいくつかの作品は壊れてしまったそうですが、残ったものもある、ということを知り、ちょうどそのギャラリーで震災後のチャリティー展をしている、と新聞で見たので、寄ってみました。地元の方の作品は少ないですが、全国の作家さんが無償で作品を提供してくださり、ギャラリーでの売り上げを日本赤十字社を通じて義援金として寄付する、という企画です。かわいいポストカードや素敵なグラス(ペアで購入できる身ではないのが残念!)、ちょうど作品を持ってきた美術系の大学生の方の可愛い置物などを購入しました。地元のタウン誌の取材もきていて、オーナーの方ともお話できてとても楽しく、元気をもらいました。にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック