舞浜の風はすごかった!

土・日は小学校2年の娘と一緒にディズニーリゾートに行っていました。土曜日はお天気も良く朝から晩までたくさん遊びました。日曜日も、朝イチから遊んだので意外なアトラクションが空いていたりして充分楽しんだのですが・・・そろそろ帰ろうか、というあたりで風が強くなり雨も降ってきて、早めにパークを出たのですが・・・強風のため京葉線が運休しているという情報が!
京葉線は風で止まることがある、というのは聞いていましたが、実際に遭遇したのは初めてです。
ただ、最初に子供たちとパークに行く予定をたてた際、台風が関係するかもしれない時期だったので、東京駅と舞浜駅をタクシーで行き来したら30分くらいで5000円くらいかな、という見積もりをたてたことがありました。
舞浜駅のタクシーのりばには既にかなりの行列ができていましたが、他に方法があるわけではないので迷わず並びました。幸い娘はおなかもすいていなかったしトイレも大丈夫だったので助かりましたが、1時間半くらい並んでやっとタクシーに乗れました。
結局、30分くらいで5990円でした。高速料金込みです。
並んでいて色々目撃しましたが、タクシーで舞浜駅まで来た方が降車するところを狙って、タクシーのりばの列に並んでいなかった方がそのタクシーに乗ろうとする場面に何度か遭遇しました。運転手さんのほうで、「皆さん並んでますから。この車は降車専用です」と断っていたのか?と思いましたが、普通に乗せているタクシーもありました。会話が聞こえたわけではないので、単に行き先を聞いて営業権に抵触するから断っただけかもしれません。
また、そういうことをしている人に対して、「皆ならんでいるんだからあなたも並びなさい」と注意しにいった外国人の方がいましたが、強引に乗りこんだ日本人の親子連れもいました。また、私たちがあと2台くらいで乗れる、というタイミングで、降車する車を狙った中国人の団体がいて、運転手さんは色々言ってましたが言葉もあまり通じなかったらしく強引に乗られていました。
私たちは、前の方が千葉県内での移動だったので、運転手さんが「営業権があるので東京方面に行く人しか載せられない」ということで先に乗せていただきました。タクシーの営業権というのは私は初めて知りましたが、初乗り料金が地域によって違ったりするため、東京から千葉に来たタクシーがお客さんを乗せる場合には、東京に行く人しか乗せられず、千葉県内での移動のお客さんを乗せると千葉のタクシー会社に対する営業妨害になってしまうそうです。
予約していた新幹線には乗り遅れてしまいましたが、同じような人がたくさんいたらしく、東京駅のみどりの窓口も混雑していました。結局予定より2時間遅い新幹線の座席が取れました。東京駅に着いてからは30分後くらいの新幹線だったのであまり時間のロスはなかったですね。予約変更をする際には「2人がけのお席はあいていないので3人がけのうちの2つになります」と説明されましたが、実際に乗ったら結構空席がありました。京葉線は夕方までずっと止まってましたので、元々その新幹線の座席を取っていた方たちも遅れてもっと後の新幹線に変更したりしたのでしょうね。
教訓としては、余分なお金、飲み物、食べ物は絶対にあったほうがいいです。パークの中には食べ物は持ち込めませんが、私は必ずコインロッカーに預けるほうの荷物に小さいパンなどを入れておきます。パーク内で意外に困ったのが飲食店に入れないことだった、という経験があり、中ではチュロスなどで当座の空腹をしのぎ、ホテルとか帰りの新幹線内で持参したものを食べたことが何度もあったからです。また、トイレだけは途中で行きたくなったら困ると思いましたが、舞浜駅のタクシーのりば付近にはトイレがありますので、ある程度のりば近くまで列が進んだところで娘に行かせておきました。
・・・結構大変な経験をしましたが、京葉線が風に弱いことは有名なので、いつ遭遇するか備えておく必要がある、と実感しました。また、娘はおとなしく並んでいて偉かったです。
そして、それでもパークに行って良かった、また行こう、という気持ちになるのがディスニーリゾートの不思議ですね。
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック