万歩計と私

私は過去に何度も万歩計にハマっては挫折しています。一番の理由は、あまり歩かないのも無理がない職業のため、頑張っても1万歩歩ける日がほとんどなく、やりがいを感じられないことです。それでも、「最近歩く量が増えている気がするから計ってみたいな」とか、体型が気になってきたなどの理由で何度もトライはしてみるのです。
物理的な制約もありました。万歩計というと、私が若い頃は、おじさんがズボンのベルトのところに付けているイメージで、若い女性が付けているのは珍しかったです。なので、服装の関係でウエストに引っ掛けにくく、洋服のラインが気になったりとかもあってウエストに付けずにポケットなどに入れると歩数がカウントされなかったり・・・で嫌になってしまったこともありました。
産後は、万歩計をウエストに付けられるような服装が増えましたし、見た目を気にしなくなったので(「産後だから」と言えばいいことですし)、ウエストに付けてましたが、男性と違ってトイレでかがむので、よくクリップがずれて落としてました。そして、自分が悪いのですが、洗濯物と一緒に万歩計を乾燥機に入れてしまい故障させてしまったのを最後に、「私は万歩計を持つのに向かない人なんだ」と諦めていました。
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック