万歩計アプリ

身に付けるタイプの万歩計は金輪際ムリ!と思っていた私でしたが、あるときお友達が「家族でお揃いで付けている」という万歩計を見せてくれました。伊能忠敬と歩く、という設定の万歩計でした。伊能忠敬といえば、日本地図を作るため、日本中を歩き回って自分の歩数で測量したという偉人です。私は「伊能忠敬と歩く」という設定にロマンを感じるタイプの人間なので、この万歩計には非常に興味を持ちました。いまどきの万歩計はウエストに付けなくても、ポケットの中やバッグの中でもきちんと歩数がカウントできるものだ、ということもわかりました。ですが、正直、この万歩計は画像があまり好みではなかったので、同じ商品を購入するのはやめよう、と思いました。
ちょうど長かったガラケー生活に終止符を打ち、i Phone 6を持ち始めた頃だったということもあり、アプリのほうで探してみたところ、ありました!「ゆるぶら日本一周」という、「伊能忠敬と歩く」タイプの万歩計アプリです!!東京(江戸)を出発し、一定の距離を達成するごとに「○○県制覇」としてその県の豆知識みたいな文章が読めるようになります。絵柄は決して可愛いとはいえませんが、江戸時代っぽい浮世絵風な雰囲気で、味があります。
難点としては、大きな県にさしかかると私のペースでは制覇に1ヶ月くらいかかってしまいなかなか達成感が得られないことです。それと、毎日の歩数をグラフにして見られるのですが、基準が1万歩ではなく「伊能忠敬ペース」として1万3千歩のところにラインが引かれているので、伊能忠敬を超えたことはこれまで2度しかありません。ただ、その2回は、ポケモンGOを始めたばかりで近所をひたすら歩き回った時と、ディズニーシーに行った時だったので、それ以外だと1万でも1万3千でも越さないことには変わりない感じです。ディズニーシーに行った時は2万3千歩くらいだったので、年代別ランキングにも初めて載りました。基本、歩かない職業なので、普段はランキングは見もしません。
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック