久々の投稿です。

何年も放置している間に世の中は随分変わってしまいました。

我が家では、息子が高校3年生になり、絶賛受験勉強中です。
彼はなかなか肝が座っているのか、緊急事態宣言・コロナ休校を我が家で最も苦にしていなかったと思います。
時間割に囚われず自分のペースで勉強できたのが良かったのか、成績は好調です。もっとも息子の高校は元々、生徒の自主性に任せる自由な校風が特徴なので、同じようにコロナ休校後に成績が上がった生徒さんが多数いたそうです。

娘は小学校6年生になりました。私の地域では中学受験はあまり一般的ではないので、彼女は地域の公立中学校に進学します。
年明けに説明会や制服の採寸などがあります。
一番の話題は、制服が新しくなることです。何を隠そう、私の出身中学で、制服は昔のままだったし、当時からかなり「ダサイ制服」と言われていたため、娘が可哀想だなぁと思っていたので、制服が変わる話を聞いて楽しみにしていました。
でも、このご時勢だからか、採寸の際は本人だけでもいいけどなるべく親も来てください、スマホを使って登録するので??といった謎の連絡がきています。採寸のために店員さんが触ったりしないように何か工夫されるということでしょうか???

私は、エッセンシャルワーカーと呼ばれる職種なので、コロナ関係なく仕事にはずっと行っていました。
ただ、やはり仕事は少なくなるので休暇が取りやすくなり、子供の行事も軒並み中止、外出もできないので休日が本当にお休みになったのはかえって良かったです。
行事のために元々休暇を取っていたところを、行事はないけどそのままお休みにしたりしていました。年明けからは、お兄ちゃんの受験で色々お休みすると思うので、自分の休息ではなくなりますけどね。

お家時間を楽しむために、2つのことを始めました。
1つは、アロマテラピー検定1級の受験です。若い頃からずっと憧れていた資格ですが、受験のために家を半日空ける、というのがネックで実際には受けに行けませんでした。参考書だけは買ってあり、精油の特徴などはちょこちょこ覚えていたし、実際にエッセンシャルオイルを買ってお風呂に入れたりシャンプーやリンスを作ったりしていました。
年に2回の試験のうち、5月のものは完全中止でしたが、11月のほうはオンライン受験できる、というお知らせが来て、俄然やる気になりました。毎日ちょっとずつ勉強し、無事合格することができました。オンライン受験というと、カンニングし放題では?といった心配があるかと思いますが、試験時間がかなり短く設定されていて、調べながら問いたりするのは無理です。過去問の感じと比べ、問題の難易度も若干上がっていたと思います。香りテストもちゃんとあって、試験の1週間くらい前に郵送されてきます。これも、事前に開けてじっくり考えようとする人がいるかもしれませんが、注意書きに「前もって開けると微量なので揮発しちゃいますよ」みたいな事が書いてあり、なるほどと思いました。

もう1つは、カリンバ演奏です。カリンバというのは、親指ピアノなどとも呼ばれるアフリカの民族楽器ですが、金属の細長い鍵盤のようなものを親指で弾いて演奏します。音がオルゴールのようで、すごく癒やされるんです。
動画で演奏をアップしている方がたくさんいらっしゃるので、自分も演奏してみたい曲を真似して練習しています。
私は長年ピアノをやっていましたが、ピアノの最大の弱点は「持ち歩けないこと」なので、持ち歩ける楽器にとても憧れていました。オカリナ、ウクレレなど、他にも候補を考えたのですが、音色はカリンバがダントツで好みでした。夜に練習しても家族からは「気づかなかった」と言われるくらいで、うるさくないみたいです。
そして、ピアノが弾けるからといってカリンバはすんなり弾けません!鍵盤の並びが全然違うのです。なので、頭の体操にもいいです。