テーマ:

最近の読書・DVD

このところ、e book offのいいお客さんです。 最近購入し、読んだのは、 ①六つの手掛かり(乾くるみ) ②砂漠(伊坂幸太郎) ③ペンギン・ハイウェイ(森見登美彦) です。 e book offの良いところは、新作・人気作で、読んだけど手元におくほどではない、という本は高値で買取もしてくれるところです。 先日買い取って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダ・ヴィンチ・コード

この数日は、眠れないこともあまり苦にならず、息子が眠ったら起き出す、くらいのつもりでいます。昼寝もしているので、合計したらそれほど寝不足というわけでもないし・・・。どんなに調子がよかった日でも、夜はおなかが張るのですが、起き上がるのがつらいくらいの日は少ないので、別室の明るいところで背もたれつきの椅子に座って読書をしています。 昨日か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眠れない・・・

昼間のほうが調子が落ち着いていることが多いので、昼寝をするようにはしているのですが・・・夜は張りが気になるのと、何しろ胎動のとても活発な人なので、「ちょっとそれは痛いよ」と思うような動きをされたりすると眠れません。一生懸命回ろうとしているんだろうなとは思うのですが。眠れないとなると悪循環なのは、目覚めているのにずっと横になっていると肩や…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

男性作家か女性作家か

一度熟睡し、トイレで起きたあと、眠れなくなってしまいました。だんだんおなかがすいてきたのと、まだ薬が効いている時間のはずで、しかも横になっているにも関わらずおなかの張りが目立つので薬の追加をしようと思い、起きました。この状態では横になっても苦しそうなので、少し薬が効くまで、何か食べたりして起きていようと思います。 この記事では、小説の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

監督不行届

夫と本棚整理をした際、「絶対とっておいて!」と念を押したマンガです。夫自身も処分する気はなかったようですが。 安野モヨコさんは、「美人画報」が大好きで読んでいたのですが、あんなカワイイ女の子を描く方なのに、自画像は実物と全然ちがい、ロンパースを着た赤ちゃんのような絵です。ご主人である「カントクくん」は、結構似ていると思いますが、写真を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり本格推理

昨日は、近所のセレブ系スーパーに行くことができ、しかもパン作りの材料が満足のいく値段で買えたため、ラッキーだったのですが、調子に乗って少し家の片付けをしてしまったのが敗因で、久々の張り止め5錠内服・・・。 家の片付け、というか、家族が増えるのでスペース確保のため、近所のブックオフに本と洋服を売りに行きたいのです。それ以外の息子のオモチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おそろし

はずれのない小説、ということで、宮部みゆきの時代モノも外せません。 帯を読み、「後回しにしよう」と思っていたのですが・・・案の定、読み始めたらやめられませんでした。途中は本当におそろしいのです。 最後は大団円らしく終わるので、それだけを頼りにとにかく読み進まないと怖くて・・・という感じです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはり恩田陸

自宅安静の暗い気分を吹き飛ばそうと、マンガや明るい本を探してはみたものの・・・やはりもともとの嗜好がミステリ好きということもあり、ちょっと怖そうなもの、深刻そうなものにも手が伸びてしまいます。 特に、大好きな恩田陸の新刊(ではないかもしれませんが、夫が新しく買った本)を見つけてしまっては放っておけません。読んでいる途中は「ホラーでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エッセイマンガ

散らかった机の上から発掘してきた妊娠マンガは、高野優さんの「ぐるぐるニンプ待合室」です。ご自身の3回のニンプ体験をもとにしたマンガと、読者のお悩み相談コーナーなどから成っていて、とにかく笑えます。 真面目な育児雑誌などと違って、お悩み相談は、困った夫・シュートメ、産院への不満など、本音で語られており、高野さんのコメントも率直なので、読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安静のお供

とにかく寝たきりといえば、読書でしょう! まぁ、ずっと横になっていても腰が痛くなってくるので、座位のときは勉強もしようかと思うのですが・・・。幸いなことに、立つのと比べると座るのはあまり苦になりませんので。 今日は、きのう5錠もお薬をのんだおかげか、朝にはとても楽になっていました。ただ、なぜか下痢をしてしまい、疲れて午前中はずっと眠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行のお供

今回は、何となく本選びがうまくいかなかったようです。 飛行機内では、自分も息子も楽しめるようにと思い、絵のかわいい池田あきこさんの本を選びました。息子が思いのほか気に入ってしまい、全部読んであげなくてはならなかったのが誤算でしたが・・・。 ホテルでは、疲れたりしてあまりたくさんは本を読めませんでした。いちおう勉強の本も持っていったし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眠れぬ森の美女たち

私の読書欲は健在です。ただ、眠くなりやすいので、読むペースはおちました。 本屋さんで見かけてつい購入してしまった本なのですが・・・ずいぶん昔、ある雑誌(あとがきを読んだら「H2O」という雑誌でしたが。もうないです。当時も、限られたお店にしか置いていませんでした)に連載されていた小説の単行本化です。 精神科医の香山リカさんの著書ですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジーン・ワルツ

「チーム・バチスタの栄光」が素晴らしかったので、他にも海堂尊さんの本を買おうかどうか迷っていました。というのは、軒並み単行本なので・・・。特に、1冊だけ買うとしたら「ジーン・ワルツ」と思っていたのですが、なんと!職場の方が持っていました。早速お借りして読んでしまいました。「バチスタ」を読んだときにも思いましたが、「この人はいったい何科の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

様々な物欲②

連休中に手に入れたものといえば・・・ネットオークションで、古本のコミックなのですが、小学生時代に連載を読んでいて、結末を知らないお話がどうしても気になり、検索してしまいました。実は、以前みつけたのですが、ちょっと値段が高くて躊躇しているうちに、つわりでネットをお休みすることが続き、気づいたら終了してしまっていたことがありました。値段が高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「流星の絆」

連休中は、ほとんど夫が息子を遊びに連れ出し、私は家で寝ていました。横になっているのがかえって苦しいときもあり、睡眠時間は実は少なめですが・・・。 とにかく本を読みました。寝転がってなので敬遠していたハードカバーまで・・・仕方ないです、東野圭吾作品は新刊で買ってしまう習慣ですから。ただ、ハードカバーなので、買ってからすぐに読まず、今にな…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

不死鳥のタマゴ

横になっていても気持ちが悪い日は悪いのですが・・・そんなときでも、何か読まないと淋しくて眠れないので、マンガを引っ張り出してきています。紫堂恭子さんの絵はいかにも少女マンガなので、好き嫌いはあるかと思うのですが、あまり巨大な長編ではないファンタジーものとしては、ピカイチの作品ぞろいだと思います。基本的にはほのぼのし、笑えるしちょっと感動…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紅一点論

最近、斎藤美奈子さんの評論を読んでいます。最初に読み始めたのは、「妊娠小説」でした。これは評論ですので、どんな内容かというと、「主人公あるいはその恋人の妊娠によりその後の物語の展開が大きく変化する小説」を妊娠小説と呼び、元祖妊娠小説は森鷗外の「舞姫」であるとしています。現代の作家だと、渡辺淳一が大量の妊娠小説を産み出してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬琴の嫁

どんなに頭が痛くても気持ちが悪くても、横になってしまえば楽になるので、寝る前の読書タイムは貴重です。最近読み終わったのは、半伝記というか歴史小説「馬琴の嫁」です。目が不自由になった滝沢馬琴のため、嫁が「南総里見八犬伝」を口述筆記した・・・というようなことは聞いたことがありました。でも、江戸時代のお嫁さんがそんな難しい文字が書けたのだろう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スープ煮

上の子の妊娠中には、私の職場が家と離れていたため、仮住まいのアパートを借りてプチ単身赴任していました。なので、食事は自分の食べられるときに食べられるものを摂っていれば良かったので楽でした。カレー、シチュー、コンソメなど味を変え、鶏肉、豚肉、魚(牛肉は当時問題になっていましたので)でたんぱく質のローテーションをし、ひたすら「野菜と肉を同時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チーム・バチスタの栄光

話題になったのに夫が買わないので、何かあるのかと思いきや「医者が書いた本はあまり好きじゃない」とのこと・・・自分で購入し、一気に読んでしまいました。私は、読んでいて気になるところはなくて、「医者が書いた本」という雰囲気もないと思いました。どういうのが医者っぽいかと聞かれると困るのですが、オタクっぽいというか、回りくどいけど文章自体は綺麗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にじいろのさかな

息子の幼稚園では、毎週1冊ずつ、絵本を貸し出してくれます。絵本の蔵書が多い、というのが特徴の幼稚園ならでは、ですね。 今週息子が借りてきたのは、「こわくないよ にじいろのさかな」です。実は、息子を妊娠していた時、私は「胎教」というほどのことはしませんでしたが、好きなCDや絵本を我慢せず欲しいと思ったら買う、ということをしていました。そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

有頂天家族

最近、ベッドを1台寝室に入れ、息子がそちらで寝て、私が床にフトンを敷いて寝ています。私はどちらでもいいのですが、息子は「ベッドで寝る」が憧れだったらしく・・・まぁ、もしベッドから落ちてもたいした高さではないですし、私のフトンがありますので。実は1度落ちましたが、本人は気づかずに寝ていたくらいでした。その後、柵代わりに置いたスティッチの大…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

読書

今日は予期せぬ早退をしたので、うちで本を読みました。 最近注目している作家の作品です。若手らしいというか、文章じたいは稚拙だなと思うときもあるのですが、感性が瑞々しくて気に入っています。 今日、一気に読んでしまったのは、これです。 ぼくのメジャースプーン (講談社ノベルス) 単独で読んでももちろん構わないのですが、「子どもたちは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

切り紙

昨日、注文していた本が届いたので、切り紙を作ってみました。以前、文様の切り紙細工の本を買ったことがあるのですが、よほど器用な人はともかく、カッターを使わないとできないなぁ、という部分があり、手軽さという面ではイマイチ・・・と思っていたので、今回は「折り方が簡単なこと、はさみだけで簡単に作れること」を条件としました。 「やさしい切り紙」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周期20日目(高温期2日目)

昨日に比べるとノドの痛みはだいぶ楽になりました。 めでたくタイヤの履き替えも終わり、いつ冬になっても・・・というところですが、この時期に2回も雪が積もるなんて異常なので、来週からは暖かくなるようです。 この数日、寝ながら本を読むのはいいのですが、ハードカバーなので重く、厚いので眠くなってしまい、なかなか進まない有栖川有栖・・・シリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書の秋

息子が最近、一人で寝るようにはなったのですが、この数日は、別の部屋に行ってしまうとダメなので、スタンドの明かりをつけて本を読んでいます。以前はそういうことをすると気が散ってなかなか眠れなそうなのでやりませんでしたが、昨日はすっと眠りました。 フトンの中でぬくぬくしながら本が読めるので、私も満足・・・。 読んでいるのは、「氷菓」で始ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内服終了

周期9日目、スパクロミン5日目まで服用しました。 自分としては何がどうというのもないです。内服開始から12~14日で排卵する、というのだから不思議な薬だなぁ、とは思います。 さて、最近、息子が一人でも寝るようになってきたので(ダメな日もありますが)、アマゾンで立て続けに本を注文しました。急ぐものはないので一括配送にしたのですが、全部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行中の読書

旅行に本を持っていくと荷物にはなるのですが、飛行機の中やホテルでの余暇を過ごすには大切な「お供」です。 行きの飛行機内では、頭を使わないようにカクテルの本を機内持ち込みにしました。カクテルの材料を見て感心するのはもちろん、写真を見るだけでも楽しめます。旅行前に読んだ村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス」に、ハワイでピナ・コラーダを飲むと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眠りすぎ!?

さすがに、日中もよく寝ていたためか、眠れません・・・。息子には「明かりつけたままお母さんはご本読んでるね」と断ったのですが、上・下卷の上を読み終わってしまったため、起きました。体調は良くなってきているってことなのでしょうが。 知らないうちに夫がまた本を買い込んでいたようなので、この1週間は楽しめそうです。自分が読みたいものは持って行っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

怖い話

息子は少し前から怖い話を聞きたがるようになりました。一方、私は怪談は大の苦手です。夫と一緒に近所の図書館から怖い本を借りてくるものの、「いったい誰が読んで聞かせるの!?」と半ギレです。パパがいるときにパパに読んでもらうこと、と早々に約束を取り付け、夫が不在のときには夫の部屋にその本をしまっておき、決して寝室や居間には置かせません。 な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more