テーマ:モラハラ

モラ記事再開しました

モラ夫との離婚・離婚後の調停を経て、落ち着いてモラハラについて考える余裕が出てきました。 こちらのブログでは、個人的な経験を書いた記事が多かったですが、いつか他の方の参考になるようなまとめをしたいと考えていました。 そこで、ヤフーのジオログにモラハラ関連のことだけを書くブログを開設していました。 何度か記事をアップしたところで、東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災後のモラ夫

震災記事はちょっとひと休みして、モラ夫について書きます。 もう遠いことのようですが、離婚した後、早々に(籍が抜けないうちから!?)同棲を始め、離婚後1年のあたりで再婚したモラ夫でした。再婚について、長男との面会時に不用意に話してしまったため長男が父親と会うのを拒否しだし、それでも年齢の小さい長女との面会だけは続けていましたが、モラ夫は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災当日・その1

3月11日は、私用でお昼に3時間ほど休暇を取っていました。 離婚やモラルハラスメントの後遺症から立ち直るため、というか、そのために不安定になったり仕事ができなくなったりしないよう、定期的に自分の気持ちを整理するため、知人から紹介されたカウンセラーの方に会うことにしていました。幸い相性が良いようで、実際には職場で普通に働き続けることがで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モラハラのまとめ

モラ夫との離婚調停、離婚後の子供との面接をめぐる調停もひと段落つきました。 まだまだ何が起きるかわからないですが、私と子供たちは、「何が起こったとしても落ち着いて対応できる」という自信のようなものがついてきたと思います。 モラ夫の行動の基本パターンがよくわかった、ということもありますし、対処の原則は「同じ土俵で戦わない=可能な限り無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4回調停

第3回、魔の19時終了に懲りて、今回は10時開始の枠です。内容的に、当方が出した面接条件をモラ夫がどのように受け入れるのか、受け入れられないのか、がポイントですし、モラ夫が申立人なので、モラ夫側の話から開始になるはずです。ところが、モラ夫は代理人ともども遅れているとのことです。私は、いつも裁判所の待合室で弁護士さんと待ち合わせ(現地集合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回調停・そのまた続き

16時半をすぎて白熱し始めるモラ夫との調停・・・というか、弁護士さんとも話してましたが、「私たちの持ち時間は1時間もないですよね?」・・・とにかくモラ夫の話は長い!途中で何度も調停委員のうちの1人が「もう少し待ってくださいね。申立人(モラ夫)が、代理人と2人で相談したい、と中座しています」とか「今、裁判官が来て説得してますから」とか・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回調停・続き

15時から開始した第3回調停、16時半をすぎても終わりません・・・。 モラ夫はずいぶん長時間話している様子なのですが、「いったい何にひっかかっているのか?」弁護士さんと、待ち時間の間、考えていました。やはり、面接回数を減らすことに抵抗しているのだろうか、と予想されました。もともとの取り決め「月2回」というのは多いほうで、モラ夫の都合で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回調停

第3回調停以前のいきさつについては、以前の記事にもある通りですが・・・。 http://29779442.at.webry.info/201012/article_4.html 家庭裁判所へも、モラ夫から届いた手紙は提出してあるため、調査官や調停委員も手紙の内容は知っています。 私の見解としては、「この内容で謝罪を受けたという気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

調停第3回の前に・・・

離婚したモラ夫から「子の面接交渉に関する調停申立」がなされ、第1回目は、そもそも子供に会えなくなったのは、モラ夫が自分の再婚を不用意に子供に話してしまい、子供の態度が硬化したことが原因である、という確認。そして、モラ夫とのやりとりは万事がその調子で、モラ夫は自分の気に入らない結果が出るとそれをすべて私に責任転嫁して攻撃してくること、など…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

調停第2回

第2回調停は、第1回を踏まえて、とりあえず社会人どうしとしての信頼関係を取り戻さない限り、子供の面接に関する話し合いは進まない、ということをとことんやり合いました。 モラ夫は絶対に謝りませんので、第2回で決着が着くとはもとより思っていませんが・・・どういう態度に出てくるのか、お手並み拝見、という感じです。 まず、子供に対する言動に配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

調停第1回

元・夫(モラ夫)からの、面接交渉に関する調停申立があり、第4回まで終了しています。 第1回は、事実確認というような意味合いなので、もとより大きな進展は期待していません。ただ・・・モラ夫が再婚し、それを巡って、子供とモラ夫との間にトラブルが生じたわけですから、私のほうから「状況が変わったので面接交渉(今は面会交流という呼び名になったそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして再び調停へ・・・

モラ夫は、迂闊にも自分の早すぎる再婚を息子にストレートに伝えてしまったため、息子が面接を拒否するようになりました。 下の娘は意思表示のできない年齢のため、しばらく娘だけは面接を続けていました。 しかし、毎回「息子はまだダメだと言っている」と伝えるうちに、モラ夫はキレはじめました。毎回、というか、1回目こそ「わかりました」と引き下がっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モラ夫妻の奇行

やっと同じ職場から出て行ってくれたモラ夫ですが、週に1回非常勤として現われ、しかも懇親会などにも誘われたりして、相変わらず私は職場で息を潜めていなくてはなりません。 私もそろそろ戦うか、と重い腰をあげました。 モラ夫が辞めた経緯は明らかにされていませんが、公の発表が「都合により退職」の一言です。これは、見る人が見れば相当奇妙なことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モラ夫は退職する

飛び飛びのモラ記事ですみません・・・。 モラ夫からのセクハラ人権侵害メールをゲットした私は、弁護士に相談し、職場に「嫌がらせを受けている」相談をし、かといってモラ夫に決定的なダメージを与えるほどには至らず・・・という状態で、どうしたもんかなと思っているところでしたが。 突然、モラ夫が依願退職、ということになりました。詳細は藪の中です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モラルハラスメントは人権侵害

8月14日記事の続きです。 モラ夫からのセクハラメールをもとに職場に「つらい思いをしている」という訴えをしました。 職場がもっとセクハラなどのハラスメントに対応し慣れていればありがたいのですが、私のところは残念ながらそうではありませんでした。実は数年前に私の部署でセクハラ騒ぎがあり、その際にオブザーバーとして参加した非常勤職員の方(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子の面接停止と職場へのセクハラ届け

久しぶりのモラ記事です。 もちろん、この間なにも問題がなかったわけではなく、リアルタイムに記事にするのは控えていただけです。 詳しいことは伏せていましたが、先方の再婚騒動で上の息子が父親に会うのを拒否しだしたので、私としては子供の気持ちを尊重して、ずっと会わせてませんでした。弁護士さんにも相談していて「こういう状況で会わせなくても別…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小説 離婚裁判

アマゾンで以前、離婚調停やモラルハラスメントに関する書籍を購入したためか、おすすめの本にもそういったジャンルの本が挙げられてきます。 それに乗って購入し、よかったと思った本を紹介します。 「小説 離婚裁判」は、弁護士さんの書かれたドキュメンタリー小説です。書評では、「モラルハラスメントそのものに興味のある人だけではなく、離婚調停や裁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モラ夫は馬脚を現す

・・・なかなかブログを更新できないでいました。今、大きな動きの最中で、あまり色々なことを書いて手の内を明かしたくないからです。 なので、具体的なことはまだ書けませんが、「モラハラ」でこのブログにたどりついた被害者の皆さんに、同じ苦しみからまだ抜け出せていない仲間として、お伝えしたいことがあります。 モラハラは、明らかに人権侵害です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分を磨く

離婚し、特に相手がモラ夫だった場合には、「自分を確立する」ことがとても重要だと思います。モラ夫のものの考え方に影響され、支配されてきた人は、「常識が通じず、いくらきちんと話しても結果に結びつかない」「何をやっても難癖をつけられる、けなされる」という経験を重ねてきたために、自分の価値観に対して自信がなく、自尊感情をもてずにいることが多いと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モラ夫は再婚するらしい

あけましておめでとうございます。 お正月に、息子が別れたモラ夫のところに遊びに行きました。そのとき、「パパは○○さんていう人と結婚するから」と言われたそうです。相手は同じ職場の人ですので、私にはすぐわかりました。 振り返ってみると、モラ夫が「引っ越す」と連絡をよこしたのが離婚して3ヶ月くらいの時で、どうもマンションを購入したようなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宿泊面接

息子が、元・夫と泊りがけで出かけてきました。調停で、夏休みの宿泊面接を認めることにしたので仕方ないですが・・・本当に頭にきます。 宿泊先までは事前に知らせてよこしたのですが、「部屋番号は未定だから到着したら知らせる」などといって、こちらからメールで夜に催促したのですが返事ナシ。今朝になって、「携帯が圏外だったから連絡できなかった」とい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

定額給付金

元・夫のところに定額給付金の振込みがあったようです。私と子供2人の分52,000円は、今月中に養育費と一緒に振り込まれる予定です。離婚成立前で、別居中のDV夫のところに被害者である妻や子供の分が入ってしまう、というのが問題になっていましたが、我が家の場合は、双方に弁護士がついたということもあって、そういう揉め事はありませんでした。モラ夫…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モラ夫の領収書

私が先日モラ夫に対して払った解決金の領収書が届きました。税理士の父と元銀行員の母は、領収書の文面がメチャクチャだということを言っていましたが、まぁ私はそのへんはよくわかりません。 ただ、私でも変だと思うことが1つあります。領収書の日付!調停で「6月末日限り支払う」と決まったお金を、きちんと6月中に払ったというのに、7月2日付の領収書を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供の苗字

離婚して、私は自分を筆頭者とする新たな戸籍を作りました。今週の木曜に新しい戸籍が発行できるそうですので、その後、子供を元・夫の戸籍から抜いて私の戸籍に入れる手続きをします。 以前、職場の人で、バツ2で3回目の結婚をした人が、何度目かの離婚の時に親しくなり、「離婚して親の戸籍に戻っちゃったから子供が入れられなくて困っている」みたいな話を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

離婚後初の面接は・・・

頻繁な面接交渉や宿泊面接にこだわったモラ夫ですが、「6月は都合により1回しか会えません」とぬけぬけと言ってきています。 その1回が、昨日でした。離婚成立後、初めての面接です。16時頃帰宅のはずが、14時半頃、帰ってきました。モラ夫によれば、「疲れたって言うから早めに戻ってきた」とのことですが、後に私の母が息子から聞いたところによると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

職場での姓変更

離婚成立の翌日、上司と事務系幹部の人に報告をしました。事務系の人には、「法的にはもう離婚が成立したので、戸籍の現物はまだ準備できないが、旧姓に戻るので、各種の届けをしたい」ということと、「子供2人が夫の扶養になっていたので、夫の扶養を抜けて私に入れたい。保険も私のほうに入れたい」という打ち合わせをしました。 なるべく役所に行く回数を減…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

離婚成立

おととい、第3回目の離婚調停がおこなわれました。 前日の記事ではさすがに気持ちが落ち着かず、詳しいことは書けませんでしたが、じつは先方の弁護士から、「旦那さんは、解決金50万円を受け取って、子供2人の親権者を母として離婚に応じるそうです」という連絡をもらっていました。私が自分の代理人弁護士と話をしたのが先週の土曜で、火曜には「応じる」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最後の調停!?

明日は、第3回の離婚調停です。 親権にこだわるという形で離婚成立を遅らせてきたモラ夫の真意は、はたしてお金なのか否か!?・・・モラ夫に詳しい方なら予想がつくと思いますが。 もし裁判になったら・・・と思うとどんなに面倒で、どれくらいの期間がかかるのか見当もつきませんが、明日で決着がつくとすれば、別居を始めて5ヶ月、3回の調停で終わるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さすが期待を裏切らないモラ夫

もうすぐ調停の第3回目です。 2回目の調停が4月末で、今回は間が長かったのですが(先方の都合です)、先方の代理人弁護士から2回ほどアプローチがありました。私のほうも代理人がいるので、間接的なやりとりですが。 夫の代理人から、「親権を諦めるようにという説得が難航している。解決金を出すつもりはないか」という連絡がきているというのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いくか、裁判!?

離婚調停の第2回は4月末でしたが、G.W.の影響もあり、5月中には第3回の予定は入りません。しかも、「先方の都合により」6月半ばの予定になりました。都合って何かというと・・・海外出張です。何しろ同じ職場なものですから・・・別に職場の命令じゃないですので。行きたいのでわざわざ申請して特例で行くのです。親権を諦めたわけでもないのにちゃっかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more