テーマ:映画

インサイドヘッド、娘は2回観ました♪

7月半ば、出張ついでに東京ディズニーランドにひとりインパしてきました。帰って来てからも休日出勤がなく連休でしたので・・・やはり家族サービスですよねぇ。折しも「インサイドヘッド」が始まったところで、以前はあまり乗り気ではないように見えた娘でしたが、いざ始まってみると「観たい!」と・・・。 ネタバレは控えている方が多いようで、私もあまり内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラザーベア2

さて・・・作品をきちんと観ていないのに申し訳ないのですが。 私の帰宅が遅くなってしまった日、祖父母が娘に観せてくれていた番組が「ブラザーベア2」でした。娘は、やはり私が不在のときに1作目も観たことがあるようですが・・・。 正直、ちゃんと観てないんです。なので、なぜ男の子がクマになってしまったのかわかりませんし最後のほうをちらっと観た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変身と呪い

さて、「プリンセスと魔法のキス」では、ヒロイン・ティアナの機転によって王子とティアナは人間に戻れます。まぁ、この2人の場合、人間には戻りたかっただろうけど、万が一かえるのままだったとしてもそれはそれでハッピー、といった明るさが感じられて爽やかな結末だったと思います。 この数年、私は車の運転中にラジオを聞いていますが、金曜の夜、ちょっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリンセスと魔法のキス

ある時、ディズニーストアのセールで娘にプリンセスたちが描かれているネグリジェを買いました。一人、知らないプリンセスがいて、娘が「かえるの王子様とキスするプリンセスだよ」と言っていました。ええ~、そんなお話あったっけ~!?と思って検索したところ・・・「プリンセスと魔法のキス」という作品がヒットしました。プリンセスの名はティアナです。 デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

童話とディズニー

誰もが知っているようないわゆる「おとぎ話」、ちょっと疑問に思ったこととか、ありませんか? 私が中学か高校の時に、お友達が話していたことが気になりました。「美女と野獣」です。娘(ベル)は、野獣の姿が醜くても心が美しいことに気づいて結婚することに決めたのだから、そこでご褒美のように野獣を王子の姿に戻す必要はないんじゃないか?といった内容で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実写版・シンデレラの衣装♪

あちこちで注目されているようですが、実写版の映画・シンデレラを観て、そのセットや衣装の素晴らしさに感激しました! シンデレラの衣装というと、シンプルながらも美しい、というイメージがあり、実写版でのドレスも決して華美なものではありません。イメージカラーの青いシンプルなドレスに、蝶がちりばめられた襟飾りが付いているくらいです。 髪型も下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画・シンデレラとアニメの違い

ネタバレになってしまいますので、まだ映画を観ていない方でネタバレが嫌な方は読むのをおやめください。 アニメのシンデレラと比較してハラハラする場面がありました。おとぎ話ではあまりそういう設定はなかったと思うのですが、ディズニーアニメのシンデレラでも実写版でも、継母は「あの舞踏会の女性はシンデレラなのでは」と気づいています。 アニメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画・シンデレラ

先日、小学生の娘と一緒に実写版「シンデレラ」を観に行ってきました 本当に素晴らしい映画でした。おとぎ話ではほとんど実態が不明のプリンスにも人格が与えられていましたし、いじわるな継母がよかった!継母を演じたのはケイト・ブランシェットでしたが、元から邪悪な人間などおらず、色々なきっかけであんな人間になっていったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書♪

少し前のことを書きます。 子供2人の卒園卒業で疲れがたまっていたのと、花粉症+副鼻腔炎のような症状で息子も体調を崩してしまい、ちょっと落ち込み気味でしたが・・・ 3月21日の祝日は休日出勤でした。休日出勤は、忙しければもちろん大変ですが、基本は休日なので、少しのんびりできることが多いです。 なにより、他の人は出勤していないので食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書・死神の浮力

最近、あまり新しい本を読んでいませんでした。私はまだ紙の本を愛用しているため、本棚がいっぱいになってしまって、とりあえず今ある本を何度も読み返すことにしていたのです。 ですが、もともとかなりの本好きですし、年末年始に読むため、少し買い足してしまいました。 なので、新作という意味ではないのですが、初めて読む本という意味での「新しい」本…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新しいお友達です♪

娘とベイマックスの映画を観に行きました。ディズニーストアに色々なグッズがあるだろうから、と映画館ではプログラムしか買わなかったのですが・・・ストアも結構売り切れですね~。 そこで、頼みのヤフオクさま。 30cmくらいの商品もあるようですが、17-18cmくらいのものです♪ 誰かが「痛い!」と言うのを待って「こんにちは、私の名は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベイマックス観てきました!

年末から気になってはいましたが、とうとう「ベイマックス」を観に行くことができました。 最初は娘が「悲しくなっちゃいそうだからイヤ」と言っていて行けなかったんです。私もあまり前情報がなかったのでなんとも答えられず・・・。で、こっそり本屋さんで絵本を読んだりして結末をチェック。 まぁ、この時期の映画館は、インフルエンザがうつったりとかの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エクレール・お菓子放浪記

先日、夏休み中の息子と一緒に、映画「エクレール・お菓子放浪記」を観てきました。 震災で津波の被害を受けた石巻市がロケ地になっていて、震災前の美しい景色が見られる、というので話題になっていました。後で調べたら、石巻市以外にも、父の出身小学校(現在は文化財)や、遠縁の酒屋さんの建物などがロケ地になっていました。 ですが、正直私は、ロケ地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蟹工船

休日は、上の子が剣道に行ったり私の両親と外出したりすることが多いので、そういうときは下の子とのんびり過ごすことができます。下の子はお散歩に行ったりすると疲れるのか、昼寝もしますので、子供が寝ている間にはDVDを観ます。 たいてい韓流なのですが、今回は「蟹工船」を借りてみました。原作は、有名ですが実際に読んだことはありませんでした。実際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイノリティ・リポート

先日、友達からマンガを借りました。清水玲子さんの「秘密 THE TOP SECRET」という作品です。近未来に、死者の脳を読み取って映像化し、生前の行動をトレースしたり、犯人を見ていれば犯人もわかる、という特殊な捜査方法が実用化されている、という設定です。「面白いから読んでみて」と友達から説明を聞いて、何年も前(というか、十年以上経って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スウィングガールズ

授乳の合間など、ひと息つくときに、DVDを観ています。産前から「宮廷女官 チャングムの誓い」を観ていたのですが、とうとう終わりました!何しろ、女官として料理の腕を磨くところだけでドラマ1本分くらいのボリュームがあり、更に、陰謀で身分を落とされて追放され、医女となって宮廷に戻り復讐を遂げるところで更にドラマ1本分くらい・・・DVD18枚で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホテリアー

さて、自宅安静中の、昼食時などのお供に韓国ドラマのビデオを観ています。家で見られるビデオは3作あり、新しく借りてくるよりは、今あるものを見直そうと思っていました。最近、読書もそうなのですが、うまい具合に内容を忘れるようになってので。 最初は「冬のソナタ」ということには迷いがなく、最後まで見終わりました。とにかく画像がキレイ!です。スト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デイジー

今日は、息子の寝かしつけを夫に任せ、ゆっくりお風呂に入ってDVDを見ました。 「デイジー アナザーバージョン」です。去年、「デイジー」を見て、不覚にもたくさん泣いてしまったのですが、やっぱり悲恋ていいなぁ、と浸りました。暗殺者である以上、最後は死ぬしか結末のつけようがない、ということはわかっているのですが、それでもやはり主人公たちの幸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラガール

今日行くことになっている「スパリゾートハワイアンズ」は、元炭鉱だった地域で閉山に伴う大量人員削減を余儀なくされ、職員たちに新たな仕事を見つけよう、ということで温泉保養施設として生まれ変わった・・・という経緯があります。その中で、ハワイをイメージしフラダンスのショーを目玉にする、という目的で、炭鉱労働者の娘たちが懸命にフラダンスを覚える、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バルサン

息子の東京行きの間にぜひともやりたいこと!一番が、「バルサンを焚くこと」でした。仕事をしているので掃除の頻度は決して多くないことが以前から気になっていましたが、バルサンは使った後しばらく部屋に入れなくなりますので、子供がいるとなかなかできません。 3時間ほどバルサンを焚き、今は窓を全開にして煙を追い出しているところです。廊下側の扉はも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more